文化ギャラリー過去の作品展

2/16(火)~3/9(水)
林明輝写真展

「空飛ぶ写真機」

本邦初、ドローンで撮影された最先端の絶景写真。 各地で取材許可をとりながら、年間で 200日以上を費やし、全国100ヶ所に及ぶ取材を敢行。 これまでの有名スポットとともに、新たな撮影地を含め、 すべてが新しく心に響く渾身の写真展。

「自然首都~福島県只見町の四季」


2014年6月にユネスコ・エコパークに登録された福島県只見町。 この町の四季を、90年代から15年の歳月をかけ 150000カット以上の写真を撮影。特別に許可を得て、ドローンやモーターパラグライダー での空撮も盛り込んだ。 福島県知事も絶賛。

林 明輝(りん めいき) 日本の自然風景を再発見、再認識するという観点から、2013年よりドローンによる撮影を開始。年間で200日以上を費やし、100ヶ所に及ぶ取材を敢行。列島各地の市町村、観 光協会と連携し、写真や動画の提供も行っている。2014年5月、石川県白山で発見された「氷雪の壺」の空撮映像を共同ニュースから配信。ほかに「サンデーモーニング」「ひ るおび」「日本の絶景・名峰探訪」などの番組に作品が紹介される。2014年、ユネスコエコパークに登録された「綾の照葉樹林」の空撮写真を、雑誌「BE-PAL」で発表。日本 写真家協会会員、日本自然科学写真協会理事。




 

 


 


 




オススメギャラリー巡り


ページトップ