写真の町東川賞—2016年東川賞審査講評/審査委員会/過去の受賞者・講評

第32回写真の町東川賞審査講評

第32回写真の町東川賞審査会は2016年2月23日に桑沢デザイン研究所で開催された。今回は推薦者のリストを見直したため、その甲斐あって例年よりも多い、国内作家賞54人、新人作家賞53人、特別作家賞18人、飛驒野数右衛門賞24人、海外作家賞12人、計161人の写真家がノミネートされた。委員は午前10時に集合し、ノミネートされたアーティストの厖大な作品を丁寧に閲覧し、食事を挟んで午後1時30分から5時過ぎまでの長い審議となった。

 国内作家賞は広川泰士氏が選ばれた。最後まで評を二分したのは上田義彦氏で、いずれも華々しいキャリアを誇る写真家である。選考の決め手となったのは、上田氏が集大成としての回顧的な写真集だったのに対して、広川泰士氏の場合は、長年の実績もさることながら、写真集『BABEL- ORDINARY LANDSCAPES -』が作家の新境地を拓いていたからである。採掘場やダム、丘陵地の住宅地や原発など、人間による自然の変形と干渉を、どこにでも見られる風景として淡々と切り取って、人類への警鐘となる作品に仕上げている。

 新人作家賞は毎年、意見が割れるが、今年もご多分に洩れなかった。それは若手から中堅作家までの層の厚さの証左であると思う。何度かの投票と話し合いを経て、最後まで残ったのは、池田葉子、古賀絵里子、西野壮平、増田貴大、城戸保、進藤環、田口和奈。まったく異なる作風の作家たちが残った。僅差で池田葉子氏が新人作家賞を受賞した。池田葉子氏は近年評価が高まっているアーティストであり、写真集『Monkey Puzzle』は北海道、長野、栃木、東京、愛知、京都、熊本などの日本各地やアメリカ、ベルギー、オランダの何気ない風景を独特のユーモアと色、構成で仕上げた完成度の高い作品集である。

 北海道にゆかりのある作家に贈られる特別作家賞にはマイケル・ケンナ氏が選ばれた。水墨画のような詩情豊かな作風で知られる国際的な人気作家であり、あまりにも有名ゆえにかえって授賞が遅れたのではないかと思われる。国内外で精力的に風景写真をものにしているアメリカ在住のイギリス人作家だが、北海道との縁は深く、「ケンナの木」として有名になった屈斜路湖湖畔のミズナラの木を写した作品を始めとして、北海道ゆかりの作品を纏めた『Hokkaido』、北海道から沖縄まで、30年以上におよぶ作品の中から選りすぐった『Forms of Japan』など、そこに住む者が思いも寄らない画像で、日本の自然の美を讃えている。

 地域に貢献のある作家に贈られる飛驒野数右衛門賞は、池本喜巳氏に決定した。鳥取を中心とした山陰地方の風物を長年撮影し続けてきた写真家である。『近世店屋考』は靴屋や苗屋、粉屋や散髪屋など昔ながらの個人商店や伝統工芸の職人を30年以上取材し纏められた。歳月が堆積し、昭和で時が止まったような空間に、それぞれが一癖も二癖もありそうな店主たちが味のある表情を見せる。地方にも都市化がおよび、均一的な表情の店舗が多くなる中、人間ひとりひとりの存在感と地場を感じさせる貴重な記録である。

  今年の海外作家賞の対象国はコロンビアである。長年内戦や麻薬カルテルの戦争により国内不安を抱えたコロンビアだったが、2002年のウリベ大統領による治安回復が功を奏し、2007年からはフォト・グラフィカ・ボゴタという国際写真祭も隔年で開催されている。地元の協力を得て、楠本亜紀委員がボゴタで調査し、12人の作家がノミネートされた。若手からベテランまでいずれも現代コロンビアを代表する作家である。その中でオスカー・ムニョス氏が賛成多数で選ばれた。パリのジュドポム等で開催された展覧会「Protographs」は、煙や水に溶ける画像を用いて記憶と消滅(死)を考察し、ダイナミックなインスタレーションを実現した。

 今年で32回目を数える写真の町東川賞。今回も、「写真文化首都」に相応しい素晴らしい作家たちを選出したと審査会は自負している。しかしこれは一朝一夕に実現したことでも、審査会だけの力でもなく、1985年の「写真の町宣言」から30余年、一歩一歩積み重ねた町の人たちの努力とそうした趣旨に共感した世界中の多くの人たちの共感の上に成り立っている。「写真文化首都」宣言には以下のように書かれている。「この小さな町で世界中の写真と出逢い、世界中の人々と触れ合い、世界中の笑顔が溢れるように」、そしてそのために東川町は「写真文化と世界の人々を繋ぐ役割を担う」という重責を自らに課している。受賞した素晴らしいアーティストを加え、東川町の人々と共に、また新たな一歩を踏み出していきたい。

写真の町東川賞審査会委員 笠原美智子

第32回東川賞受賞作家

海外作家賞
オスカー・ムニョス
国内作家賞
広川泰士
新人作家賞
池田葉子
特別作家賞
マイケル・ケンナ
飛彈野数右衛門賞
池本喜巳

第32回審査会委員

  • 浅葉克己[あさば·かつみ]アートディレクター
  • 上野 修[うえの・おさむ]写真評論家
  • 笠原美智子[かさはら·みちこ]写真評論家
  • 楠本亜紀[くすもと·あき]写真評論家·キュレーター
  • 野町和嘉[のまち·かずよし]写真家
  • 平野啓一郎[ひらの·けいいちろう]作家
  • 光田由里[みつだ・ゆり]美術評論家
  • 山崎 博[やまざき·ひろし]写真家
<敬称略/五十音順>

過去の講評

ページトップ